白血病の闘病記第14弾!みんなからの応援編


先回の第13弾に続きまして、

(先回がまだの方はこちらからどうぞ

白血病の闘病記第13弾!移植準備の副作用編)

 

今回は第14弾!『みんなからの応援編』です!

 

それではどうぞ!

スポンサードリンク


私を応援してくれる人たち

副作用で苦しむ日々が続いておりますが、

なんとか耐え続け、

いよいよ移植の日が近づいてきました。

この時はすでに

準無菌室から専用の『無菌室』に移っていました。

(「準無菌室」と「無菌室」の違いは
 
こちらの第4弾を参照してみてください

白血病の闘病記第4弾!逆転への兆し編)

 

そんな時、会社の仲間たちから

千羽鶴や色紙が届きました。

妻が届けてくれました。

(私と妻は職場が同じです)

 

とても嬉しかったです!!

特に千羽鶴を折るのは

かなりの時間と労力がかかったと思います。

 

会社のみんな、本当にありがとう(*´▽`*)

画像は実物です。

1451291260623

 

全国からの応援

それと、もう一つ、忘れちゃいけないものがあります。

それは『全国からの応援』です!!

 

ことの発端は、2014年の2月までさかのぼります。

これまで、文脈上の関係でこの話を出せませんでしたが、

ここでしっかりとお話ししておこうと思います。

 

2014年2月といえば、

白血病が発覚してから2ヶ月くらいが

たとうかというところです。

第6弾でも少し触れていますが、

注射への苦手意識を克服した時期でもあります(笑)

 

そんな時期にある人とツイッターで知り合いになったのです。

その方は当時、MF霧島のラジオ番組「TETOTE」で

パーソナリティーを務めていらっしゃった

「エリカさん」という方でした。

 

当然、私が白血病であることは伝えしました。

少しだけそんなやり取りをしていると

ぜひ番組にメッセージを送ってほしいとおっしゃるので

何度か番組あてにメッセージをお送りしました。

 

私は正直に今の自分がおかれている状況と、

自分の心境を添えてメッセージをお送りしました。

 

メッセージの内容としては

「私は白血病だけど、前向きに生きています」

といった内容がほとんどですねw

 

『まぁ本当のことだし、

別に悪いことを書いてたわけじゃなから特に問題ないよね』

といった軽い気持ちで送りしました。

 

エリカさんは私がメッセージを送った時は

ほぼ100%の確率で番組で紹介してくれました。

 

すると。。。

 

 

私のメッセージを喜んでくれたり、

驚いてくれたり、感動してくれたりする人達が出てきてくれたのです。

 

 

ありがたいことに、ラジオ番組を通して、

私にメッセージを送ってくれる人まで現れてくれました。

TETOTEは毎週金曜の20:00からの放送だったので、

私も毎週金曜日を楽しみにしていました。

 

移植のドナーさんが決定した時も、

妻(当時の彼女)の妊娠がわかった時も、

メッセージで報告をしたら

本当に多くの方が喜んでくれました!!

 

そして移植が始まることを伝えると

なんとエリカさんが私への応援メッセージ(手紙)を

番組内で募集してくれたのです。

 

しかも、

 

番組の方でメッセージ(手紙)を集めて、

まとめて私に送ってくれるというのです!!

 

『いや~、自分なんかのために申し訳ないなぁ(@_@)』

と思いつつも、

楽しみに待つことにしました(*^-^*)

 

スポンサードリンク

 

移植前日

私のところにFM霧島からの贈り物が届きました。

それをもらった時の私の写真です。

DSC_0478

このころになると準無菌室(セミクリーンルーム)から

無菌室(バイオクリーンルーム)に移っていますし、

正直、副作用もきつかったですが、

ものすごくうれしかったので満面の笑みです!

 

 

ご覧の通り、CDや色紙、ぬいぐるみ、

FM霧島のステッカーまで届きました!!

身体はきつかったですが、

テンションはあがりましたね~☆

 

そして、メインのメッセージ(手紙)ですが、

私の左手にあるアルバムがそれにあたります。

 

その中を見て、

私は目を見開きました(@_@)!!!!

 

そこには

北は北海道から、南は九州まで、

本当に全国の皆様から

たくさんのメッセージがあったのです!!

 

FM霧島のスタッフの方々もわざわざ写真まで撮って、

見ず知らずの私にメッセージを寄せてくれました!!

 

お一人、お一人のメッセージを

脳裏の焼き付けるかのようにしっかり拝読しました。

 

励ましの内容はもちろんですが、

中には自分の体験を書いてくれた人までいました。

 

 

もう、言葉が出てきませんでした。

 

 

こんなにありがたいことがあるでしょうか!!

べつに有名人でもない、

たかが病人一人のために、

全国方々が筆とってくれたんですよ!!

 

もう感動しすぎて、

言葉に表すことができません(T_T)

 

もし無理やり言葉にするのであれば

『光栄の極み』とか『感極まる』

といった表現になるのかもしれませんが、

やはりそれでも足りないところです!!

 

とにかくうれしく、ありがたく、

私にとっての大きな力になったことは

言うまでもありません!

 

ここにその一部を掲載したいと思います。

(お名前や個人的な内容の記載もありましたので、

FM霧島のスタッフの皆様のものだけです)

DSC_0480

DSC_0481

DSC_0482

DSC_0483

DSC_0484

DSC_0485

あとでわかったことなのですが、

この企画はリスナーさんの

一人が発案してくれたとのことでした。

 

ありがたいです。

本当にありがたいです。

感謝しかありません。

 

気付いた時には、

私はそのアルバムむかって拝んでいました。

 

このアルバムには

人の優しさ、親切心、いたわりの気持ち

といったのもギューーーッとつまっています!

 

こういったものを世の中に残し、

未来永劫、人類が存続する限り

伝えていかなければならないものだと私は思います

 

このアルバムは、長谷川家の家宝です!!

 

さて、第14弾はここまでにしたいと思います。

次回はいよいよ造血幹細胞移植

つまり骨髄移植が始まります。

 

続きの第15弾はこちらかどうぞ

白血病の闘病記第15弾!もっとも辛い3週間編

スポンサードリンク


こちらの記事もどうぞ

     

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ

------------------------------------------------------------ ご参考になれば幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。