白血病の闘病記第17弾!初日から大量出血編


前回の闘病記第16弾に続きまして

(先回がまだの方はこちらからどうぞ

白血病の闘病記第16弾!移植に対する思い編)

 

今回は第17弾『初日から大量出血!?編』です!

 

それではどうぞ!

スポンサードリンク


2014年 10月下旬

人生で一番の苦痛を無菌室で味わった私ですが

ようやく、ようやく、

症状がおちつき「準無菌室」に移ることができました。

(ようやくと言いましたが、治療的には順調ですw)

 

無菌室の生活が終わったことは、

本当にホッとしました。

これから準無菌室に戻るだけなのに

「解放感」すら感じていましたからね(*´▽`*)

 

しかし、まだ熱は続いているし

全体的に見て体調が良いとは

おせじにもいえない状態でした。

 

看護師さんは

「無菌室に入る時より全然体調良さそう!!」

と言ってくれましたが

私としては

『まぁそりゃね。あの時に比べたらね(笑)』

ってのが正直な感想ではあります(;^ω^)

 

だって無菌室に入る時は

熱もあるし、だるいし、寒し、気持ち悪いしで

満身創痍の状態でしたからね。

満身創痍すぎて、

あまり記憶にないくらいですから(苦笑)

 

そこから比べれば

「まだマシ」といった程度でしょうかね。

 

そんな状態もあってか

無菌室から準無菌室に移ってすぐに

問題が発生してしまいました。。。

 

スポンサードリンク

 

準無菌室に移って最初の夜

それでも、「マシ」であることにはかわりありません。

関節のコリや熱で寝れないなんてことは

もうありませんでした。

 

その日も普通に寝ようとしていたのですが、

なんだか鼻の中がムズムズするのです。

ちょっと鼻づまりっぽい感じです。

 

とりあえず鼻をかんでみると

原因は鼻水ではなく、

 

「鼻血」でした。。。

hanajii

 

最初は

『ありゃ、鼻血が出ちゃった』

と思ったくらいで大して気にしませんでした。

 

でも、

いっこうに止まる気配がありません(-_-;)

とまる気配がないどころか

どんどん流れだしてきます。

 

過去にこれほどまで鼻血が出てきた経験はありません(汗)

 

さすがにナースコールを押して

看護師さんにきてもらいました。

あまりの量に看護師さんもそこそこに

驚いていましたが

そこはプロなので冷静に対処してくれました。

 

まずは鼻血が胃の中に入らないように

身体を起こして下を向きます。

次に鼻をつまんでじっとしていてほしいと言われました。

 

本来であればこれが鼻血を止める時の王道だと思います。

私も指示通りに行動しました。

 

しかし、

やはり止まりません。。。

 

流れ出る量が多く、

鼻の中で徐々に血がたまっていくのが

なんとなくわかりました。

 

それでも言われた通りに鼻をつまんでいましたが

今度は熱がこもってきます。

温かい血がたまっていくわけですから

当然といえば当然です。

 

そうなってくると

さすがに私も苦しくなってくるので

ここでこの方法は一旦諦めました。

 

次に看護師さんは

小さいアイスノンを持ってきてくれました。

鼻にはガーゼを詰め込んでおいて、

アイスノンで鼻を冷やして止血するという作戦です。

20110630130201f0f

 

でも、

やはり止まりません(苦笑)

 

ここまで来るのに、軽く1時間くらはかかっています。

いくら座っている状態とはいえ、

この時の私に1時間も姿勢を保つ体力はありません。

体温だって37度代はあります。

もう疲れ果てて、今すぐ横になりたい状態でした。

 

かといってこんな鼻血が出続けている状態では

横になることもできません。

 

そこで看護師さんは

ベットをギャッジアップ(背もたれを上げる)して

なおかつ私の周りをクッションで囲み、

私が力を入れなくても

自然と座った姿勢を維持できるようにしてくれました。

 

これはありがたかったです!

だいぶ楽になりましたからね!

 

でも、それでも徐々に体力は奪われていきます(>_<)

 

疲れてるし、眠気もありますが、

体勢が体勢なので眠りにつくことはできません。

 

でも、他に作戦もなく、鼻に詰め物をして

ずっと同じ姿勢で下だけを向いて数時間を過ごしました。

 

真夜中になって詰め物をかえますが、

やはり止まっていません。

 

少しだけ良くなった気もしますが

まだ時間がかかりそうな感じです。

それになんだが

鼻の奥の方で強烈な鼻づまりを感じます。

 

そこで、鼻をかんでみると。。。。

 

ゲル状の血の塊が姿を見せました(笑)

 

しかしゲル状なので

鼻をかんでもすんなりと出てきてくれません。

その一部がチョロっとでてきただけです。

 

私が悪戦苦闘をしている姿を見た看護師さんは、

なんと

手でつまみ引っぱりだしてくれました(笑)

 

さすがプロです!

躊躇なくやってくれました!

 

しかし、

出てきたもののあまりの巨大さに

さすがのプロも驚いたのでしょうね。

というか、たぶん引いたのでしょうね(笑)

 

『うわぁ~~(◎_◎;)』

って言いながら引っぱっていましたw

私も引きましたからね(笑)

 

だって5、6㎝くらいはあったと思います!

そんなものが鼻の中に入っているなんて

誰も想像しませんからね!

 

それが左右の鼻の穴から1つずつでてきました。

かなり衝撃的な光景だったので

写真でも撮っておこうかなと思いましたが

そのグロテスクさ故にやめておきました(苦笑)

 

でもその巨大なゲルが出てきたことによって

鼻通りがだいぶ良くなりました。

鼻血は出てきますが

流れでるほどではありません。

 

詰め物はしていますが

それでもだいぶ楽になった感じがします。

おかげでその体勢のまま少し眠ることができました。

687474703a2f2f747769747069632e636f6d2f73686f772f6c617267652f333130637336

 

翌朝

鼻血は止まっていました。

鼻血にここまで苦しめられたことはありません。

鼻血が止まってここまで嬉しかったこともありませんw

 

とりあえず安心しましたね(^_^;)

 

以前『脳梗塞にならないよう予防するための薬がある』

というお話ししたことがあったかと思いますが、

これは簡単にいってしまえば

「血液が固まりにくくなってさらさらになる効果」

がある薬になります。

 

もちろん私もその薬を点滴で投与されていたわけですが

さすがに今回の大量出血を受けて(所詮鼻血ですがww)

私には不要と判断されました。

 

幸か不幸か、結果的に点滴が一つ減ることになったのは

私にとっては嬉しい事でした。

 

この当時、

まだ薬(点滴)の数はかなり多かったので

薬が減るというのは

少しでも前進している感じがしましたからね!

 

準無菌室にもどってきて

初日から少し苦労しましたが

これはこれで前向きにとらえることにしました。

 

「回復へのスタートが始まったな( ̄ー ̄)ニヤリッ 」

と一人で思っていたの覚えています(笑)

 

さて、それでは第17弾はここまでにしたと思います。

次回はまた1つ奇跡がおこります☆

 

続きの第18弾はこちらかどうぞ

白血病の闘病記第18弾!病人でもできる!編

スポンサードリンク


こちらの記事もどうぞ

     

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ

------------------------------------------------------------ ご参考になれば幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。