白血病の闘病記第6弾!過ごし方と痛みとの対峙編


先回の闘病記第5弾に続きまして、

(第5弾はこちら⇒白血病の闘病記第5弾!世界は希望で満ちている!)

今回は第6弾『過ごし方と痛みとの対峙編』です。

それではどうぞ。

スポンサードリンク


2014年 1月中旬

この頃には多くの方がお見舞いにきてくれました。

 

友人、親戚、会社の仲間、

本当に多くの方が私のところまで

遠路はるばる、足を運んでくれました。

 

ただ、抗がん剤の影響で免疫が極端に下がっている時は、

家族と彼女以外は面会ができないことになっていました。

(抗がん剤は白血病細胞を攻撃してくれますが、

良い細胞も攻撃してしまうためです)

 

そのためタイミングは合わず、

せっかくお見舞いに来てくれたのに、

面会できない人もいました。

 

会社の仲間達が来てくれた時は、

顔を合わせることはできましたが、

入室はできず、自分は病室、仲間たちは廊下、

という微妙な距離で会話をしました(笑)

 

親友達が来てくれた時は、

まさに免疫が最低状態だったので、

まったく面会できず、

お見舞いの品を看護師さん経由で届けてもらい、

普通に携帯電話での会話となりました

 

あれは、申し訳なかったな~(>_<)

 

でも、本当にうれしかった!!

お見舞いに来てくれた皆様には

感謝の念が絶えません!!

 

ありがとうございました!

 

スポンサードリンク

 

時間の使い方

で、先回お話した通り、

私はトンネルを抜けたわけです。

多くの方がお見舞いに来てくれましたが、

やはり一人の時間のほうが長いです。

(当然、家族、彼女は高頻度で来てくれています)

 

そこで一人の時間は

普段できなかったことや、

やりたかった事、やるべき事をするようになりました。

(だって私は『チャンス』(第5弾参照)を得たわけですからね!)

 

『体調はどうなんだよ!!?』

と言われるかもしれませんが。。。

 

まぁやはり、体調の浮き沈みはありますね(-_-;)

 

でも、心がポジティブだとけっこうなんでもできるもんで、

「TVをボケーっと見て、ただただ時間が過ぎるの待つ」

なんてことはほとんどありませんでした。

 

まずやってみたことは。。。。

 

ガンプラを作りました(笑)



友人達がガンプラを持ってきてくれたのです。

ガンプラなんて時間がないと作れませんからね!

 

ちなみに、最近のガンプラってすごくって、

めっちゃ細かい!!

すごく精密で、手足の可動域が広い!!

 

昔とは違って色分けも細かくされていて、

説明書通りに作るだけで、

もう人に見せてたくなるような作品に仕上がり、

 

さらには。。。

 

。。。

 

話が脱線しそうなので、ここまでにしておきます(笑)

 

 

ガンプラを作っていると、

先生や看護師さんに

『え?プラモデル作ってるの!?』

と驚かれました。

 

 

今までパズルをした人はいたけど

プラモデルを作った人はいなかったとのことでした(苦笑)

 

それから、このサイトの記事を書きました。

たくさんの人から見てもらって、

アクセスがあがるようにしました。

 

 

その結果!!!

 

 

は、後の記事でお知らせします(笑)

 

あと、感謝すべきことを思い浮かべる時間や、

自分の幸せな未来を想像する時間もつくりました。

病気が治って、元気になっている自分を想像するのです。

 

そんなことをいつも考えていたら、

『人間』とか『命』とか『心理』とか『精神』

ってものに興味がわいてきました!

 

なのでそういった本を読んだり、

自己啓発の本を読んだり

しまいにはビジネス書も読むようになりました、

 

私は病床中に『自分を向上させるもの』

自ら取り入れ、積極的に学んでいきました。

 

第5弾でお話した通り、

明るく、前向きな闘病生活になっていたと思います(^^)

この時点での治療経過も順調でした。

 

白血病は甘くない

はい、章タイトルにありますように

白血病はそんなに甘くありません。

心は前向きだし、病気は治ると信じていますが、

やはり治療には苦痛がともないます。

 

第2弾で、少し触れましたが、

抗がん剤の治療は数回にわけて行います。

だいたいですが、

約1ヵ月で一つのスパンになっていました。

 

その1カ月のうち抗がん剤を投与している期間は

5日~7日くらいでしたね。

 

あ、そうそう!

あとこの頃には髪の毛も抜けて、

ツルツルになってました。

 

これに関しては、多少の寂しい気持ちはありましたが、

覚悟していたのでそれほどショックは受けませんでした。

まぁ男ですからね。

『ま、こうゆうもんだよね。』

といった程度の軽い感じでした。

 

下の画像は友達が撮ってくれた当時の写真です。

この日は調子が良く、点滴も終わっていました。

ベットがかなり散らかっていますが、

全てガンプラのパーツになります(笑)

この時はガンプラ作成中に真っ最中でした。

画面右下には、作製途中のガンプラが見えるかと思います。

1390741409055
 

それよりも!!

私にとって大変だったのが、

 

『注射』でしたね(>_<)

 

第3弾でお話しした通り、

私は痛みにかなり弱い方です。

特に刺すとか、切るとか、

『金属的な痛み』を 連想させるものには弱いです(汗)

 

でも、通常の生活であれば、

注射なんて年にぜいぜい2回くらいですから

(インフルエンザの予防注射と健康診断)

これまでの人生で大して意識はしませんでした。

 

 

『あ~注射か~。嫌だけど仕方ないか~』 といった具合です。

 

でも、今回はそうも言っていられなくなりました(´・ω・`)

 

 

まず、かなりの頻度で採血をしなければなりません。

熱が38度以上になったら、 毎回採血をしなければなりませんでした。

(38.5度以上だったかな汗)

 

それにプラスして、

定期検査で2、3日に1回は 採血をしなければりません。

素人としては

『えっ。。。こんなに血を抜いて大丈夫なん!?』

と、思うくらい高頻度で採血をした時もありました。

 

さらに!!

 

抗がん投与期間が終わると、

今度は少なくなった健康な白血球の数をもとに戻すために、

特殊な注射を『毎日』しなければなりませんでした。

 

この『毎日』がなかなか大変でした!!

 

百歩譲って、まぁ採血はいいとしましょう!

でも、この特殊な注射は『皮下注射』で、

しかも薬の量も多かったため、 けっこう痛いんですよ!!

 

 

これはあくまで個人の体験ですが、

インフルエンザの注射の1.5倍くらい 痛かったように思えます(-_-;)

 

それが『毎日』ですからね!!

 

そりゃ、注射嫌いが加速するわけですよ(苦笑)

 

 

もうね、恥ずかしい話、

私の『注射嫌い』『痛がり』というのは

この病棟では有名だったようです(汗)

 

この時期は『この毎日の試練』といかに対峙するかが、

私の課題になっていましたね(笑)

 

 

 

ただ、ここで泣き寝入りしてるだけなのが 私ではありません!!

(たかが、注射ですが本人は必死です笑)

 

自分なりに試行錯誤してみたり、

看護師さんにアドバイスしてもらったり、

看護師さんに気を使ってもらったり、

看護師さんに励ましてもらったりで。。。

 

 

 

うん、まぁ、 8割がた看護師さんのお陰なんですが(笑)

 

結果的に注射を克服することができたのです!!

 

最終的に出た結論として、一番の痛みの原因は

『注射に対する恐怖心』だったわけですが、

いずれにせよ、 注射への苦手意識をなくすことに成功しました!!

 

私が完全に『克服した』と言い切れるまでは、

2ヵ月かかりましたが、これは大きな収穫でした☆

 

 

ちなみにこの時の体験を書いた記事があります。

注射が嫌いな人は一度、目を通してみてください。

少しはお役に立てるかもしれません。

注射の痛みってどれくらい?和らげる方法を教えちゃいます!

 

2014年 1月下旬

この頃、抗がん剤の影響で味覚がおかしくなっていて

食事はあまり美味しくないって状態ではありましたが、

やはり強い吐き気や嘔吐はありませんでした。

 

下旬近くなってくると、 自分の白血球も戻りだし、

『採血による検査結果だけ』なら、

普通の人の数値に近づきつつありました。

 

白血球の数値が通常に近づくといことは、

熱もあがりにくくなるとのことで、

熱も37度代が大半で調子の良いときは、

平熱の36度代になることもありました。


さっきの話の通り、 注射の類は看護師さん達のおかげで、

なんとかなりかけていました。

(最終的な克服は入院から2ヵ月後のため、

この時はまだ試行錯誤の途中です)

 

でも、このあたりで 私は大きな苦痛が待っていることを

看護師さんから告げられます。

 

それは『骨髄検査』です。

 

 

初めて骨髄検査をした時には、

第2弾で触れた通りそれどころではなかったので、

痛いとか怖いという感情はなく、 難なく終えることができたのですが。。。

 

2回目からはもう『恐怖の塊』でしかありませんでした。

98760

 

その当時、私は骨髄検査というものは

1回やれば十分なものなんだろうと勝手に思い込み、

完全にノーマークな状態でした(苦笑)

 

でも、よくよく看護師さんの話を聞くと、

白血病細胞を詳しく調べるためには、

普通の採血ではわからなくて、

『どうしても骨髄検査は今後も避けては通れない』

というのです。

 

そして、それは治療1スパンの終わりに、

毎回していく必要があるといものでした。

 

 

それを聞いた瞬間は

『うわ~マジかぁ、嫌だなぁ』

くらいだったのですが、

しばらくしてから 骨髄検査を思い出してみようと思ったのです。

 

 

これがよくありませんでした!

 

 

そもそも、思いだそうとしても、 思い出せないのです!!

だって『それどろではなかった』わけですからね!

曖昧な記憶しか残っていません。

 

「こんなだった気がする。。。。」 と、想像するわけですが、

こんなことをしていたら、

いい想像なんてできるわけがありません!!

 

 

痛い麻酔をして、 骨に穴を空けて、

骨髄を注射器のようなもので 吸い上げるんですよ!!

 

冷静に考えたら、『痛くないわけがない!!』

って結論になってしまうんですよね(>_<)

 

さっきの注射の話で、

『恐怖心』が一番良くないと言いました。

 

以前、シークレットの話をしましたが、

そこでも『思考は現実になる』ということも

お伝えしたかと思います。

 

なので、私はこんな想像をすことは止めた方がいいこと、

わかっていました。

もちろん止めようとも思いました。

 

でも、それでも想像してしまったんですよね。

 

あまりに恐怖がつのってしまって、

骨髄検査を受けるときの予行練習まで

頭の中でしてしまっていました。

 

今思えば、このころの私はまだ未熟でしたね。

 

今ならもう少し対処できたかもしれませんが、

この当時が骨髄検査に対する恐怖が圧倒的すぎて

完全に震えあがっていました。

 

 

そして、やはり思考は現実になるのでした。。。

 

 

第6弾はここまでにしたいと思います。

第7弾は完成次第こちらでお知らせします。

スポンサードリンク


こちらの記事もどうぞ

     

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ

------------------------------------------------------------ ご参考になれば幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。