白血病の闘病記第5弾!世界は希望で満ちている!

Pocket

先回の白血病の闘病記第4弾に続きまして

第4弾はこちら⇒白血病の闘病記第4弾!逆転への兆し編

今回は第5弾です。

それではどうぞ。

スポンサードリンク

2014年 正月明け

第4弾でもお話した通り

私はありとあらゆるものに

感謝できるようになりました。

 

そこで、

普段、お世話になっている方に

連絡をしようと思い立ったのです。

家族や友人、親戚、

会社の同僚の方々には連絡済みなので、

今回は、それ以外の人たちになります。

 

弟にお願いして、

自宅の私のパソコンを持ってきてもらいました。

さらにわがままをいって

Wi-Fiを契約してもらい、

インターネットに繋げられる状態にしました。

(できた弟に感謝です)

 

さっそく、体調がよいときにメールを打ちはじめ、

数名の方に連絡をしました。

下の画像はその時に送ったメールの前半を

スクリーンショットしたものです。

(メールを掘り越すのに苦労しました笑)

メール

ご覧頂いた通り、内容としては

私の『報告』『宣言』です。

メールの前半部分はどの方も

似たような文面になりましたが、

後半は各人に合わせて文書をお送りしました。

 

それから、しばらくすると

励ましのメールが返ってきました!

その中で2名ほどちょっと

ご紹介したいと思います。

 

まずは私にインターネットの

あらゆることを教えてくれた

アッキー中尾さんという方です。

(ハンドルネームですが、

ご本人の承諾を得て掲載させて頂いております)

 

私はこうやって専用のブログを用いて、

記事を書いているわけですが、

これはアッキーさんのお陰に他なりません。

 

この方がいなければ、

私がこうやって自分の体験を書くことなど、

絶対になかったと思います。

まぁ簡単にいえば、私のインターネット師匠ですね!

 

この方とはインターネットを通じて、

ちょっとしためぐり合わせから

知り合いになることができました。

 

 

面倒見の良い、とっても優しくて、

温かみのある方です。

 

 

その方には白血病であることを

チャットで連絡しました。

 

 

『時間はいくら掛かってもいいからまずは治そう!!

ぼんたさん(筆者のハンドルネーム)の帰りを待っとくよー!!』

 

と、心温まる言葉で私を励ましてくれました。

 

本当に嬉しかったです。

病床の中も連絡をとって、

インターネットにかかわる、いろんなことを教えてくれました。

 

私にとってはまさに

『足を向けて寝られない人』です!!

 

実は後々になるのですが、

この方のお陰で闘病中でありながらも、

なかなかことをやってのけることができました。

この話はまたその時がきたらお話しさせて

頂こうかと思います(^^)

 

それともう一人!

高橋 学さんという方をご紹介したいと思います。

以前は『あにまーる』さんというお名前で

活躍されていましたが、

現在は本名で動かれています。

(お名前の公表はご本人の承諾を得ています)

 

高橋さんに、メールをお送りしたところ、

普通とは少し違う内容で、返信をいただきました。

下の画像はその時頂いたメールの一部になります。

 

高橋さん メール

 

ご覧の通り。。。。

 

めっちゃポジティブです!!

 

普通は悲しんだり、憐れんだりしてくれます。

それはそれで、当然ありがたいです!

私のことを大切に思ってくれたり、

大事にしてくれてるのがよーーーく伝わってきます。

 

すごく心が温まりますし、

そう言った言葉をもらうたびに、

『やっぱり治さなきゃな!』

と、心を強く持て、励みになります。

 

でも、高橋さんの場合、励まし方が

他の人とはちょっと違うのです。

 

何度もいいますが、

めっちゃポジティブなんです!!

 

白血病を患っているこっちが

『あれ?実は白血病って大したことないんじゃね!?』

と思ってしまうほどです(笑)

 

画像では文章が途切れてしまっていますが、

あの続きには、

『滅多にできない経験なんだから、

このチャンスを活かしましょう』

的な内容が書かれていました(笑)

 

なんと、

白血病がチャンスだと言うのです!

 

でも、そこで私も思いました!

 

『あっ。。。これチャンスかも!!?』とね(笑)

 

ちょっと信じられないかもしれませんが、

本気でそう思いました。

 

だって本当に滅多にできる経験ではありません。

それに前回お話ししましたが、

私はこの病気になったことにより、

今まで考えもしなかった

『感謝』というものを

心から実感することができました。

 

さらには長期的な休暇を得たわけですから、

こういった時にしかできないこと

やれることになります・・・

 

というわけで、

 

『あ!やっぱりチャンスだ!!』

という結論に私も至りました(爆)

 

この高橋さんのメールからは本当に

『勇気』『力強さ』をもらいました!

 

そして、さらにもう一つ!!

高橋さんのメールの後半に

今後、私にとって大きな知恵となる

「重大なあるもの」が紹介されていました。

 

スポンサードリンク

 

人生の基盤

さて、高橋さんのメールの後半に移りたいと思います。

前半部分では力強さや勇気をもらったわけですが、

後半部分ではある本(DVD)を紹介してくれていました。

 

それは

『ザ・シークレット』というものでした。

 

高橋さんが

『ぜひ読んでもらいたい(見てもらいたい)』というのです。

『人生が楽しくなるかもしれない』と。

『騙されたと思ってみてほしい』と。

 

内容としてはどうやら自己啓発系のようでした。

YouTubeで最初の20分が見れるので、

ちょっと見てみましたが、

それだけでは疑問も多く、半信半疑でした。

 

でも、自分の信頼している人が

おすすめしてくれたものですからね。

とりあえず

インターネットで買ってみることにしました。

本とDVDがあるのですが、

私はDVDにしてみました。

 

これですね。
最初の20分は当然YouTubeと同じなので、

ボケーっと見ていたのですが、

20分も過ぎてしばらく見ていくと。。。

 

その内容に

どんどんのめりこんでいったのです!!!

 

DVDを見終わる時には、

もう『嬉しさ』とか『希望』にあふれていました!!

 

今の自分に完全に

マッチした内容だったのです!!

 

ネタばれになってしまうので、

どこまで話していいものかわりませんが、

ざっくり言ってしまうと、

いわゆる『引き寄せの法則』についてのお話しでした。

 

そして、『感謝』が大切であること、

想像が未来をつくり、

今の自分は過去の自分の結果であること、

 

つまり、未来は自分で創造でき、

『思考は現実になる』というものでした。

 

まさに私の探し求めていたものが、

そこにありました!!

ぜひ、一度あなたも御覧になってみてください!

念のため、私が見た最初の20分も載せておきます。



 

ただ、けっこうスピリチュアルな部分もありますので、

『私は目に見えるものしか信じない!!』

『この世に科学で証明できないものなんてない!!』

という考えをお持ちの方には、

少し受入れがたい内容かもしれません。

 

でも、そうでないのであれば、

強くおすすめします!

きっと世界が変わります!!

少なくとも私はシークレットに出会て

本当に良かったと思っています!

 

その当時の私には

涙が出そうなくらい感動的で、

希望と喜びをかみしめることができました!

 

ここで得た知恵は

今でも私の人生の基盤になっています!

 

そして、このDVDを見た時点で、

 

私は暗いトンネルから

完全に抜けきりました!

それを確信しました!

 

病気を「治す」というよりは、

『病気は治る』という確信を

持っていました!!

信じて揺るぎませんでした!

 

なぜなら、先ほどお話した通り、

『思考は現実になる』からです。

 

私はその日から

病気が治り、元の生活に戻っている自分を

ずっと想像しました。

 

時にはベット上で座禅を組み、心を落ち着かせ

感謝すべきものを思いうかべ、

そして、心から感謝をしました。

 

今のこの状況にすら感謝しました。

だって『チャンス』を得たわけですからね!

(あ、ドМとかではありませんよww)

 

世界が広がり、

全てが私の味方をしてくれているような、

心強さを得ました。

 

人と人の繋がりがいかに大切で、

どれほど『感謝』すべきものなのか

実感することもできました。

 

アッキーさん、高橋さん、

本当にありがとうございます!

 

そんなこんなで

白血病が発覚してからたった一週間で

世界がガラリと姿を変えました。

正確には、私の世界を見る視点が変わりました。

 

白血病を患っているはずなのに

『この世界は希望に満ちてる』と思えました!

 

まぁ、とはいえ、

一筋縄ではいかないのが

白血病なんですけどね。。。(汗)

 

さて、第5弾はここまでにしようと思います。

続きの第6弾はこちらからどうぞ

白血病の闘病記第6弾!過ごし方と痛みとの対峙

スポンサードリンク

こちらの記事もどうぞ

     

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ

------------------------------------------------------------ ご参考になれば幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。