聖徳太子の伝説とは?おもしろエピソードをご紹介


今回はみんなが大好き(?)な聖徳太子の話題です。

聖徳太子は日本史上最も有名な物の一人です。


知名度においては卑弥呼といいライバルではないでしょうか?

この人は歴史的に多くの功績を残しているわけですが、

それだけでなく、数々の超人的なエピソードや伝説を持っています。w


この記事では、そんなおもしろエピソードをご紹介していきます。

スポンサードリンク


10人の話を同時に聞くことができた

この話は結構有名ですよね。

11歳の時には36人の子供の話を同時に聞き取れたという説もあるそです。


ただこの話には他の説があって、

10人の話しを同時に聞いたのでなはく、

10人が太子に連続で相談をして、

すべて聴き終わった後で、的確なアドバイスをそれぞれに行った

というものが有力だそうです。

つまり記憶力が優れていたということですね。

そもそも出生がすごい!!

聖徳太~1

聖徳太子は用明天皇(ようめいてんのう)と穴穂部間人皇后(あなほべのはしひとこうごう)

の間に生をうけます。


ある日、皇后の前に全身が金色に輝く僧が現れて、

「我に救世の願あり。しばらく皇女の腹に宿る」と言ったそうです。

しかもその僧は救世観音菩薩(くせかんぜおんぼさつ)

と名乗ったといいます。

(話がぶっとび過ぎてますが、ついて来れてますか笑?)


皇后が了承すると、菩薩は皇后の口から体内へと入っていったそうです。

さらに妊娠8ヶ月の時に腹の中から声を出したという説もあります。


しかし、臨月を過ぎても生まれる兆候はありませんでした。

それからしばらく時がたって、菩薩が現れてから1年後の1月1日。


皇后が厩戸(うまやど)の前を通った時に、陣痛もないまま、

突然(!!?)赤ちゃんを産み落としました。

(聖徳太子が厩戸皇子(うまやどのおうじ)と呼ばれるのはこのためです。)


皇后は痛みがなかったので、赤ちゃんを産んだことに気づかなかったほどです。

赤ちゃんは小さな仏陀(ブッタ)の骨を手に持っていたそうです。


もう凄すぎですね。。。。これなら伝説になるのも納得です。


また、お気づきの方もいらっしゃるかもれませんが、

ある超有名人物と出生が似てますよね?


そう!キリストです!


世間では聖徳太子とキリストの関連性が話題なってたりします。

ここでは詳しい話は控えますが、

調べてみると面白いかもしれませんよ。


スポンサードリンク


幼少期での伝説!!

聖徳太子が2歳の時、夜明け前に起きだして、

東の方に向かって「南無仏(なんぶつ)」と念仏を唱え始めたそうです。


ちなみに仏陀(釈迦:しゃか)は生まれてすぐに、四方に7ずつ歩いて、

片方の手で空を指差し、

もう片方の手で地を指し、

天上天下唯我独尊」と話したそうです。

 

聖人や偉人にはこのように幼い頃からの

信じられないようなエピソードがつきもののようです。


お話を聖徳太子に戻しますが、

念仏を唱えた際に合掌(手を合わせた)ため、生まれてからずっと握り締めてた

仏陀の骨が手から落ちたそうです。

現在は法隆寺にあるといわています。

法隆寺

「歴史なんて嫌い!」

なんて方もいると思います。

でも、こうやって視点を変えてみると

ちょっとおもしろかったりしませんかw?

スポンサードリンク


こちらの記事もどうぞ

     

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ

------------------------------------------------------------ ご参考になれば幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。