漫画あるある!少女マンガってこんな感じだよね編~!

Pocket

漫画あるあるのページへようこそ!

このページではタイトル通り、

少女漫画のあるあるを語っていきたいと思います。

 

漫画好きのあなたなら、激しく共感できるあるある達ですからね!

存分に楽しんでいって下さい☆

それでは、さっそく下で見ていきましょう!

スポンサードリンク


恋のライバルは主人公より美人設定、でもだいたい性格は悪い

いや~めっちゃ性格悪いですよねw

もうびっくりするくらい悪いですよねw

『どんな教育を受けてきたら、こんな性格になるんだろう。。。』

ってくらい悪いですよねw

 

しかも美人設定ってはずなのに、

漫画の絵をみると、いかにも『気が強いお嬢様』って感じで

正直、美人に見えない時すらあります(苦笑)

 

ただ、めっちゃスタイルだけはいいですね!!

スラっとして、まさに完璧なボディって感じです!!

 

。。。

。。。ん?

 

いや、それは全員か(笑)

脇役の子まで、完璧なスタイルですからね。。。

 

現実ならかなりハイレベルな世界です。

もはやポッチャリは存在してはいけないかのような世界です。。。

恐ろしい世界です。。。((+_+))

 

スポンサードリンク

 

 

教師達より権力がある、いじめグループや生徒会

こんな学校が実在するならぜひ教えて頂きたい!!

もし知っている方がいらっしゃいましたら、コメント欄に一言お願いします!

 

だって教師より権力がある集団がいたら、

学校の秩序やら風紀なんてきっとめちゃくちゃになりますよ!

ま、生徒会が権力を持っているなら、

その確率もさがるのでしょうが、いじめグループなんかが

絶大な権力をふるっていたら、もうとんでもないです!!

 

間違いなく荒れ果てた、不良学校になります。

よくキレイなお嬢様学校って設定を見かけますが、

いじめグループが権力を握っていたら、

おそらくクローズのような学校になっています(笑)

p8

あんな古き良き質感がただよう、高級学校になんて成りえませんね(^_^;)

 

それとさっき『風紀』って言葉が出てきましたが、

たまに風紀委員って出てきたりしますよね?

この風紀委員がまたそこそこの権力を持っている時があるんですよね~w

 

不良グループやちょっとしたもめ事も

実力をもって制圧することだってありますからね。

『この高校生どんだけ強いねん。。。』

って、ほどに力を発揮しますw

 

でも、いじめグループが権力を持っているより、

風紀委員が権力を持っているんでしょうね!

良い学校になると思います!

 

。。。

 

まぁだから何なんだって話ですけどね(笑)

次いきますw

 

主人公はどう見ても可愛いのに、なぜかとりえのない普通の子設定

U3Mbf

そうなんですよ!

どう見たって、目がパッチリしたすごく可愛い子なのに、

なぜか普通の顔とかパッとしない顔の設定なんですよねw

 

それでも、『普通の顔設定』ならまだ、

許してやらなくもないんですが、たまに『ブス設定』とかありますからね!!

なんなら地味子設定とかざらにありますからね!

 

あのキレイなお顔でそんなこと言われても、

全く説得力はありませんよ!

一歩間違えば、嫌味にすら聞こえてきそうです!

 

とりあえず、

『いやいや、全然可愛いから!かなりのスペックだから!!

この顔を見てから、その台詞を言ってくれ(泣)!!』

とツッコミを入れたくなりますね(笑)

 

。。。。

と、漫画の主人公について熱く語ってみましたが、

実際、現実にもこうゆう子いませんw?

凄く可愛かったり、凄くスタイルがいいのに、

『私なんで全然ダメだよ~~(>_<)』

っていう子。。。。

 

ちょっとした謙虚さで言っているのならいいですが、

本気で勘違いして、ガチで言ってくる子もいますからね!

特にスタイルに関してはかなりシビアですよね!

 

明らかに自分より痩せているのに、

『ダメだよ~私なんて肉ばっかりついて~』

なんて言いやがるんですよ!!

 

『この身体を目の前によく言えるな!!』

と今まで何度思ったことか。。。

ただ、あんまりむきになるとケンカになっちゃいますからね。

極力、口にしないようにはしてますw

 

実際、私の知人にそれが原因で

友人との関係が破綻してしまった人がいますし。。。(苦笑)

 

まぁ結局はうらやましいだけなんですよね。。。

人に文句言う前に、自分を磨けよって話ですよ。。。

 

はい、というわけでちょっと反省したところで次いきますw

 

地味子設定なのに派手な友達がいたりする

『見事なまでにアンバランス!!』

ってくらい不釣り合いな友達てか親友がいたりますよねw

現実ではまずあり得ない組み合わせですw

 

だって地味子の周りって、ほぼ100%って言っていいほど、

ヲタクかデブスか喪女って感じですよね。。。

というかだいたいこの三つを全て含んだ女子ばっかりです(^_^;)

そんなリア充感丸出しの友達なんていたりしません。

地味子にとってはとーーーい、とーーい存在のはずです。

 

現実って厳しいですね(T_T)

 

主人公がイケメンに気に入られる・主人公がモテモテ

Attractive woman being courted.

そう!

とにかくモテル!!

ひたすらモテル!!

イケメンはだいたいB専!!(え?)

 

まぁ少なくともそう疑ってしまうくらい、

イケメンって普通設定や地味子設定の子を好きになっていきます(笑)

 

しかもただのイケメンじゃありませんよ!

成績優秀、運動神経抜群のスーパーボーイがですよ!

場合によっては、『逆ハーレム状態』になることもありますw

 

。。。

 

うん、まさにこうゆうのを『奇跡』と言うんでしょうね。

所詮、現実のイケメンなんて。。。

いや、男なんて可愛い子が好きなんですからね(--〆)

 

で、そんな奇跡的な展開の中で

地味子とくっつける名誉ある(?)男性は

だいたいS系の男だったりしますね!

 

見てるこっちが、

『あ~あ、もったいない』

と思うほどの優しい男を振って、S系とくっついちゃうんですよね~(^_^;)

 

『いや~こっち(優しい男)の方がいいでしょ~』

とあきれるような時すらあります。

 

 

まぁ、誰が誰と付き合おうが

その人の勝手なはずなんですけどね。。。(-_-;)

 

総じて!現実はそんなに甘くない!!

BcndeRLCcAAMLJU

はい!とういわけでね!

ここまでを振り返ってみると

全てはここに集約されてきます!!

 

そう!現実はそんなに甘くありません!!

甘いどころか激辛です!!

もう人生そのものが

ハバネロの中に浸かっているようなもんです!!

 

。。。

 

。。。

 

まぁ若干の言い過ぎた感はありますが(笑)、

激辛なのは事実です!!

ブスはブス!地味子は地味子!

モテル人はモテルし、モテない人はモテません!!

地味子をイケメン達が取り合うなんて、もはや天文学的な確率です!!

 

たまに漫画の読みすぎで

勘違いしてしまってる『痛い子』を見たりしますが、

皆様はそうならないことを心より祈っていますm(__)m

 

おわりに

最後は、いや最後も、かなり厳しい内容でしたね。

なんていたってハバネロに浸かっている人生ですからね(笑)

 

たしかに人生は激辛です。

嬉しいこと、楽しいことより、辛い事の方が多いです。

 

でもね、考え1つで人生が変わるのも事実です。

「今日の天気は雨」って時にあなたはどう思いますか?

 

『じめじめ、じとじとして嫌だな~』

なんてネガティブに思う人が多いかもしませんね。

 

でも、本来雨とは『恵みの雨』です。

『雨』というものがなければ、生物が存在することはできません。

もちろん雨が災害を引き起こす場合もありますが、

やはり基本的には『恵みの雨』です。

 

雨があることによって、私たちは水分を補給し、

食べ物を得ることができるわけです。

雨の存在に感謝しなければなりませんね。

 

雨が降った時に

『嫌だな~』と思うか、それとも

『お、恵みの雨が降ってるな』

ポジティブに思うのでは、気分が全然違います。

つまり人生の楽しさとか『質』が変わってきます。

 

物事とは見方によって180度変わる場合があります。

あなたの見方次第で人生を

激辛から中辛くらいにはできるかもしれませんね。

そして最終的には甘口までもっていけたら最高ですね!

 

。。。

と、まぁかっこつけてみましたが、

内容の大筋はエヴァンゲリオンの旧劇場版からパクッたものなんですけどね(笑)

でもでも、言ってることは間違ってないと思います。

 

それでは、あなたの人生がいつの日か甘口になることを願いつつ、

このへんでおひらきにしたいと思います。

最後までありがとうございました(^^)/

 

PS:『少女漫画も好きだけど、少年誌も好き!』って方は多いと思います。

そんな方のためにこちらも用意してみました。

アニメのあるあるネタ!少年誌原作はだいたいこんな感じ編~!

楽しんで頂ければ幸いです。

スポンサードリンク


こちらの記事もどうぞ

     

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ

------------------------------------------------------------ ご参考になれば幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。