小惑星が衝突する可能性ってどれくらい?地球は大丈夫なの?


「小惑星が地球に衝突する可能性がある」


なんてニュースを見たことはありせんか?

ニュースでなくても、どこかで耳にしたことが

ある人も多いのではないでしょうか?



でも、本当にそんな映画のようなことが、ありえるのでしょうか?

今回は、SF映画の世界のような

小惑星の衝突について、真相をお話したいと思います。

スポンサードリンク


地球に衝突する可能生はある?

090223_earth_mini

これ、結論から言ってしいますと、

小惑星が地球に衝突する可能生は。。。

 

「あります!!」

 

ただですね。。。

もう少し正確な言葉を選ぶなら

「あるにはある」

が、正しい表現だと思います。

 

なぜなら。。。

地球に衝突する確率がすごーーーく低いからです(笑)

 

ま、僕のような一般人の感覚からいえば、

「ほぼ0%じゃん!!」

というのが、正直な意見です。


例えば、有名なところをあげると

2880年に(とっくに僕達はいませんが笑)1950DAという小惑星が

0.3%の確率で地球に、衝突すとされています。

これは現在わかっている小惑星の中で、

最も衝突確立が高いものです。

最も高くても0.3%しかないのです。

 

ただ、この「0.3%」という数字は、

専門家から言わせると、すごく高い数字らしく、

他の小惑星の危険性の1000倍といわれています。

 

他にも、2032年に地球衝突の可能生があるとされている

小惑星で「クリミア隕石」というものがあるのですが、

これも99.998%の確率で、地球のそばを何事もなく通過するとされています。

つまり、衝突する可能性は、限りなく0に近いわけです。

 

ま、とにかく

「まず衝突しない」

と思って頂いて、大丈夫だということですね。


スポンサードリンク


それでも万が一地球に衝突したら?

で、これについてですが、

それでも、もし人類の運がとんでもなく悪くて

小惑星が衝突してしまった場合ですが、これは。。。

 

かなりマズイです。。。

 

例えば、直径40mの小惑星が衝突した場合、

その威力は3メガトンの核弾頭に匹敵するとされています。

この3メガトンという威力は、とてつもない威力です。

あの広島に投下された原爆ですら、20キロトンです。

 

1メガトン=1000キロトンなので、広島原爆の150倍の威力となります。

たった40mの小惑星でこの威力です。

もし直径が10倍の400mの小惑星が日本に衝突すると。。。

日本の大半が消し飛びます。。。

ちなみに、先ほど紹介した「クリミア隕石」は直径が400mです。

 

さらに、これも先ほど紹介した、「1950DA」の直径は1.1kmあります。

1.1kmともなってくると、地球規模での影響が考えられます。

人類の滅亡もありえるほどです。

 

滅亡まではいかなくても、文明は崩壊して、

石器時代まで、戻らされる可能性があります。

 

ちなみに下の動画は、直径400kmの小惑星が

衝突した場合のシュミレーションです。

(スマートフォンだと音声が聴きにくい場合があります。

ご了承ください。)



 

ん~~。。。怖いですね。。。

正直、この記事を書いている筆者本人が、

ビビリながら書いています(笑)


でも衝突しないから大丈夫!

はい、とゆうけで、

後半は少し怖い内容になってしまいましたが、

最初にお話した通り、小惑星は、まず衝突しません!

 

結局のところ、衝突しなければ、何の問題もないわけです。

少なくとも、僕たちが生きている間に、経験することはないでしょう。

 

それに、万が一に場合に備えて、

小惑星の軌道をずらす、研究もすすんでいるようです。

不要な心配をする必要はありません

 

ただ、人生は何がおこるかわかりません。

「小惑星のせいで、いきなり生活がかわる」

なんてことは、ないと思いますが、

長い人生の中で、自分の環境が急変することもあると思います。

 

大切にするべき人を大切して、

自分のやるべきこと、やりたいことをやる。

そうやって自分で選択をして、

常に後悔のない人生を、歩んでいけるように、意識していきたものですね。

スポンサードリンク


こちらの記事もどうぞ

     

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ

------------------------------------------------------------ ご参考になれば幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。