心療内科とは?そのカウセリングについて


心療内科ってご存知ですか?


まぁ文字を見ればある程度の想像はつきますよね(笑)

「精神科でしょう?」

と、言う方もいらっしゃるかと思いますが、

神科とは少し異なってくるようです。


今回はこの心療内科についてお話したいと思います。

スポンサードリンク


心療内科って?

先ほど、お話しました通り、精神科と心療内科は違います。


しかし、心療内科をしている医療施設は

精神科もやっているところが多く、

そこの医師も精神科医であることが多いようです。


そのため精神科と心療内科を勘違いしたり、混同してしまっている方もいるようです。

そもそも心療内科と精神科とでは扱う疾患が違います。


・心療内科の主な疾患は

拒食症、多食症、様々な恐怖症、各種疾患に合併した不眠症などの

 心身症と呼ばれるものをメインに扱っています。


・精神科の主な疾患

うつ病、不眠症、統合失調症などの精神疾患です。

わかりやすくいえば心の病気というこになります。

なので、もし受診を考えている方がいましたら、

自分がどうゆう状態であるか良く考えてから

受診施設をお選びください。


また、気をつけなければいけないのが、

心療内科を掲げているのに、受診してみると

実際は精神科だったなんて場合があることです。


これは「精神科」という

「なんとな~く入りにくい表示」を嫌った医師が

勝手に「心療内科」を掲げてしまっているからです(汗)


たしかに「精神科」よりも「心療内科」と書いてあった方が

ソフトなイメージがあるのは事実だと思いますが…

あまりいいことではないですよね(汗)


皮膚科を名乗っていながら、耳鼻科をやるようなもです。


こういった経緯もありますので、

ますます精神科と心療内科を混同してしまったり、

心療内科を「軽度の精神科」と思い込む人が出てくるわけです。


では、実際に受診する施設の選び方ですが、、、


医療施設の掲げている項目が

「内科、心療内科…」などであれば、

心療内科医か、もしくは内科医であるが心療内科を学んだ医師

ではないかと推測できます。


「精神科、診療内科…」となっていれば、

おそらくは精神科医ではないかと考えられます。


自分の症状が、身体の症状であれば前者、

自分の症状が心の症状であると思えば後者

を受診すればいいことになります。


これはもちろん、一概には言えませんが、

参考程度にはなるかと思います。

こちらの動画でも説明してくれています。




カウンセリング

心療内科では、普通の内科とちがって

カウンセリングをとても大切にしています

(主な疾患を考えれば当然ですが)


なので診察にはすごく時間がかかります。

特に初診は1時間くらいかかることも少なくないです。


このような理由から、心療内科はとても混みやすいです。

完全予約制をとっているとこも少なくありません。


受診を考えている方はこちらで検索してみてください。

良い病院や医院が見つかるかもしれません。


さて、話が少しそれましたが、

カウセリングの話に戻りたいと思います。


基本的には、あなたはすごくリラックスした状態でカウンセリングを受けられ、

医師や臨床心理士が症状の原因を究明し、問題を解決してくれます!!!


これも医師や臨床心理士の卓越した技術のおかげです。

お医者さんってすごいですね~www

(注:ぼんたは医師や臨床心理士から金品は受け取っていません笑)



ただ、いくらお医者さんやプロの臨床心理士と言っても、

そこはやはり人間です。


そうそう、うまくいくとはかぎりません。

そこで、カウセリングを受ける時のコツをご紹介したいと思います。


それは…


「自分は客なんだ」と思うことです。


ようは、医師や臨床心理士に気を使わずに

つつみ隠さず話そうということです。


もちろん時間を気にする必要もありません。

愚痴なんかも言ってもいいかもしれません。

少しくらいなら馴れ馴れしい態度でもいいと思います。

(とはいえ常識の範囲内でお願いしますw)


事実、こちらはお金を払ってるわけです。

堂々としていればいいのです。


なぜ僕はこんなことを話すかというと、

これが結果的に良い診断につながるからです。


医師や臨床心理士はあなたがどのような状態で、

何に悩み、何に困っているのか知りたいのです。


でも、その本人が黙っていたり、何か隠し事をしてしまっては

最悪の場合、誤診になってしまうこともあるかもしれません。


正直に心を開くことが大切です。

話すだけでも楽になったりもしますからねw


スポンサードリンク


おわりに

今回の記事は医療系でした。

この類の話はどうしても難しい印象をうけますよね。

 

「興味はあるし、もっと知りたいけど難しいそう」

 

という方は少なからずいらっしゃると思います。

 

こうゆう時にいつもおすすめするのが下のような漫画です。

普通の活字の本より、圧倒的に受け入れやすいです。



もちろんこの漫画である必要はありません。

自分で面白そうとか、読みやすそうとか

興味のもてた本を読めばいいと思います。

 

せっかく興味をもてたことにそのままにしといては

すごくもったいないと僕は思います。


それと、僕は先ほど「自分は客なんだ」と思えばいいって話をしましたけど、


「それでもやっぱり病院は行きにくい」とか

「顔を見て直接話すのはちょっと。。。」とか


思う人も必ずいると思います。


たとえ病院に行けなかったとしてもとりあず、

誰かに相談しみてください。

一人で抱え込むのが解決を一番遅らせます。


これはつまり、あなた自身の苦しむ時間が長くなるということなのです。

身近な相談しやすい人に相談することから始めましょう。


もし身近にいなければ僕でもかまいません。

(僕でよければですがw)

もしかしたら顔がわからない分、話しやすいかもしれませんね。


この記事にコメントを書いてくれてもいいですし、

直接メールを送っくれてもかまいません。


メールアドレスはこちに記載されています。

コピペして使ってください。


役に立てるかはわかりませんが、

一応、僕も福祉従事者なのでもしかしたら

何かしらのアドバイスができるかもしれません。


とにかく一番大切なのは、誰かに相談することです!

一人で抱え込まないことです!

少しだけ勇気を出して、誰かに話してみましょう。


PS:僕にご連絡頂いた場合、

極力すぐにご返信するようにはしますが、

仕事の都合などで、2、3日空いてしまう場合があります。

その時はご了承ください。

スポンサードリンク


こちらの記事もどうぞ

     

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

------------------------------------------------------------ ご参考になれば幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。