脳梗塞を予防するには?お茶やコーヒーが良いって本当?


日本人の死因第1位は癌、2位は心疾患です。

それじゃあ3位は、なんだと思います?

。。。

正解は「脳血管疾患」です。

figure07[1]

脳血管疾患は脳梗塞や脳出血クモ膜下出血

代表される脳の病気の総称です。

 

で、この脳血管疾患のうち、急激に発症したものを

いわゆる「脳卒中」と呼ぶわけです。

この脳卒中のうちの60%を占めるのが、脳梗塞とされています。


脳梗塞は脳血管がふさがって、血流が遮断されることにより、

脳細胞が壊死してしまった状態をいいます。

脳が壊死するって、考えただけでも怖いですね。。。

と、ゆうわけで、

今回はこの脳梗塞について、お話していこうかなと思います。

スポンサードリンク


脳梗塞の予防をする

ついさっき、お話ししましたが、

脳梗塞は脳の血管が、ふさがってしまうのが原因です。

と、ゆうことは脳の血管はふさがらないように

すれば良いってことになりますよね。

で、血管がふさがる、一番の原因は何かというと、

「動脈硬化」です。

 

つまり、動脈硬化の予防=脳梗塞の予防となるわけです。

 

じゃあ、実際にどうすれば良いかといいますと。。。

以前書いた「急性心筋梗塞」の記事がでも

動脈硬化について触れたことがりました。

 

と、ゆうわけでのこちら記事へ。。。

急性心筋梗塞

 

と、いうのはさすがに手抜きなので

ちゃんと、こちらの記事にも載せておきます(笑)

(でも、本当は心筋梗塞の記事も、

読んでもらえるとうれしいな。。。)

 

心の声は無視して、続きへ。。。

 

動脈硬化の予防を、簡単に言ってしまうと

生活習慣の改善ですね。

以下の項目が重要な点です。

  1. 禁煙

  2. バランスのとれた食事

  3. 減塩

  4. 脂肪、コレステロールを取り過ぎない

  5. 野菜、魚を食べる

  6. 肥満を解消する

  7. 飲酒は適度にする

  8. 有酸素運動をする

  9. ストレスを減らす


見てもらえれば、わかると思いますが、

現代人に必要とされているものばかりですね。

一般に「身体に良いとされているもの」をすれば良いと

思って頂いて、問題はないようですね。

 

ま、言葉で言ってしまえば、簡単ですが、

結局のところ、運動だとか、食べ物の制限があったりして、

実際にやるとなると、大変なんですけどね(笑)


スポンサードリンク


お茶が予防になるって本当?

さて、ここまで脳梗塞の予防のお話しをしてきましたが、

ちまたでは、

「お茶が脳梗塞の予防になる」

と、ちょっとした噂もあるようです。

2_8391892_0

調べてみると、しっかりと論文が発表されていました。

ちょっと論文を読むのは、苦労すると思いますので、

こちらで、わかりやすくまとめてみました。

ちんなに論文はこれです⇒緑茶・コーヒー摂取と脳卒中発症との関連について


これは45~74歳の男女約8万人を平均で

なんと約13年間、追跡調査した論文です。

 

かなり大がかりな調査ですね。

なので、それなりに信用できるものと

考えてよいかと思います。

 

ちなみに今回の調査では、お茶はお茶でも、

「緑茶」に限定して、行われたようです。

で、具体的にどうやって調査したかというと、

ようはアンケートですね。

 

この調査では緑茶を飲む頻度を

「飲まない人」、「週に1~2回の人」、「週に3~6回の人」、

「毎日1杯の人」、「毎日2~3杯の人」、

そして、「毎日4杯以上飲む人」という6つの群に分けて、

その後の脳卒中と虚血性心疾患発症との関連を分析しました。

 

ま、詳しい内容はサイトの方を見てもらうことにして。。。

今回のテーマである脳梗塞についての調査の結果、

「毎日4杯以上飲む人」は、

まったく飲まない人たちに比べて、14%発症率が低いことが

わかりました。

 

また、コーヒーについても同じように、調査したところ

コーヒーでも同様というか、むしろ緑茶より優秀

結果が出てきまいた。

 

週に1~2回飲む人なら13%

そこから飲む回数が増すごとに、脳梗塞の発症率は下がる傾向になり、

毎日2杯以上飲む人なら、

22%も発症率が下がる、という結果になりました。

 

ちなみに、どちらも飲んでいる人は、緑茶を日に2杯以上または

コーヒーを日に1杯以上摂取すると、

循環器疾患、脳卒中、脳梗塞、脳出血の発症リスクが低い結果となりました。

 

なぜ緑茶やコーヒーが脳梗塞に良いのか、

詳しいところは不明らしいです。

ただ、仮説はあります。

 

緑茶の場合、これに含まれるカテキン成分の抗酸化作用が

血管保護に働いたのではないかと、考えられているそうです。

コーヒーの場合は、これに含まれるクロロゲン酸

2型糖尿病の発症を抑えるので、間接的にではありますが

脳卒中予防になったのではないかと、されています。


まとめ

結果を見ての通り、緑茶とコーヒーを飲めば、

多少は脳梗塞の発症リスクを抑えることができるのは、

間違いないようですね。

 

脳梗塞に心当たりのある人がいたら、

このお茶やコーヒーの情報を、是非教えてあげてください。

 

PS:

他のサイトを見ると、

「カフェインには利尿作用があるから、

コーヒーやお茶は、脳卒中の予防には良くない」

なんてことを言っているところが、ありましたが、

その可能性のないことが、この調査でわかりました。

 

以前、別の記事でも書きましたが、

インターネットで情報を得る場合、

一つのサイト、一人の意見だけを鵜呑みにするのではなく、

複数のサイト、多くの意見に目を通すことが

大切だということですね。

スポンサードリンク


こちらの記事もどうぞ

     

2 Responses to “脳梗塞を予防するには?お茶やコーヒーが良いって本当?”

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ

------------------------------------------------------------ ご参考になれば幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。