ベクレルとは?シーベルトとの違いは何?


福島原発の事故から、

「ベクレル」「シーベルト」っていう言葉を

聞くことが多くなりました。


ただ、この「ベクレル」と「シーベルト」。。。

放射能に関係あることは、なんとなくわかっていても、

詳しいところまでは、良くわからない方も多いのでは。。。?

と、いうわけで、今回は

「ベクレル」「シーベルト」について調べてみました。

スポンサードリンク


そもそも放射能って何?

福島

ベクレルやシーベルトの話をする前に、

放射性物質放射能が、なんだかって話をしないといけませんね。

放射性物質というのは、いわゆる「放射能」がある物質のことです。

 

この「放射能」という言葉も、よく耳にしますね。

ではでは、この放射能が何かというと

「放射線を出す能力」のことをいいます。

 

放射線は少量であれば、普段から僕たちも浴びていますし、

特に健康に害が、あるわけではありません

しかし、これが強力なものとなってくると、

そうもいっていられません。

強力な放射線は生物に悪影響を与え、

最悪の場合、に至らしめてしまいます。

 

ではではでは、放射線が何かというと。。。

。。。

ちょっとキリがないので、

放射線について詳しく知りたい方はこちらへ(笑)

 

ま、放射線は「浴びすぎると良くないもの」

ということだけ、覚えておいてください。

こちらの動画を見ればさらに詳しくわかります。

(少し、聞き取りにくいですが)




ベクレルとシーベルト


動画内でも説明がありましたが、

原子の中にある、原子核が崩壊することによって、放射線がでます。

ベクレルは、1秒間に1つの原子核が崩壊して放射線を放つ

放射能の量(原子の個数)を表す単位となります。

表記としては「1キログラムあたり100ベクレル」といった具合になります。

。。。

ん~。。。ちょっと難しいですね。。。

 

ま、ようはですね、

ベクレルは「放射線を発する能力(放射能)を表す単位」だということです。

もちろん、数字が大きければ大きいほど、

放射線がたくさん出ていることになります。

 

じゃあ、シーベルトは何かというと、

実際に、人体が受ける放射線量を表す単位となります。

いわゆる「被曝量(ひばくりょう)」と呼ばれるものです。

「1時間あたり1ミリシーベルト」のような表記になります。

 

ここで、わかりやすくするために、

ベクレルとシーベルトを冬のお役立ち品である

「ホッカイロ」に例えてみましょう。

ホッカイロを手に握っているところを、想像してみてください。

この場合、ホッカイロが実際に放っている熱の総量がベクレル、

そこから、あなたの手が受ける熱量が、シーベルトになります。

スポンサードリンク

おわりに

ベクレルとシーベルトの違いは、ご理解頂けましたでしょうか?

この違いを理解しておくだけでも、

今後、ニュースを見たときに、頭への入り方が変わってくると思います。

 

ちなみに

2013年9月2日に福島第一原子力発電所で汚染水漏れ事故が

ありましたが、この時最大で毎時1800ミリシーベルトが観測されました。

被曝量が人体に与える影響には

諸説ありますが、中には200ミリシーベルトで

急性の障害が起こるという意見もあります。

と、なると1800ミリシーベルトがどれくらい高い数値であるか

わかると思います。。。

「大事故」と言っても、言い過ぎではないはずです。

 

え~と。。。

最後に不安をあおるような形になってすみません(汗)

ま、過度な心配は必要ないかもしれませんが、

今後も福島原発や他の原発についての

動向に注目していった方が良いようです。

 

東北電力及び、各種電力会社には

厳重には厳重を重ねた、安全管理の徹底をせつに願います。

スポンサードリンク


こちらの記事もどうぞ

     

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ

------------------------------------------------------------ ご参考になれば幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。