虫垂炎の症状とは?原因は何?


2013年の9月16日にお笑いコンビ、さまぁ~ずの大竹一樹さんが

緊急手術を受けたことで

ちょっと知名度のあがった急性虫垂炎


大事には至らなかったので、何よりですね。

そんなわけで、この記事では虫垂炎について

お話したいと思います。

スポンサードリンク


虫垂炎って何?

虫垂炎

「虫垂に炎症が起きてしまった状態」を言います。

・・・・

そのままですね(笑)


虫垂炎は俗に「盲腸(もうちょう)」と呼ばれています。

虫垂炎という言葉より盲腸の方が

聞きなれている人が、多いかもしれませんね。

 

ただ、正確にいうと「虫垂」」と「盲腸」は別物です。

大腸のはじまりの部分を盲腸といい、

その先から出ている、小指くらいの細い突起を虫垂といいます。

place

病名も別けられていて、

虫垂の炎症を虫垂炎といい、

その炎症が盲腸まで達してしまったものを盲腸炎と呼びます。

 

昔の医療では、診断が遅れてしまうことが多く、

手術した時には、すでに虫垂が盲腸に張り付いて、

あたかも盲腸に病気のように見えたため

虫垂炎=盲腸(炎)と呼ばれるようになったわけです。


スポンサードリンク


虫垂炎の症状

dss1002151637000-p1

初期の場合、たいていは「みぞおち」付近の痛みから始まります

それから少しずつ、右下腹部痛みがうつることが多いです。

その他の症状としては、吐き気や嘔吐(おうと)、

食欲不振、発熱がみられます。

 

余談ですが、僕の叔母も、急性虫垂炎で手術を

受けたことがあります。

話を聞くと、やはり上でお話した通りの症状でした。

 

で、虫垂炎になった人は、痛みが続いて、

我慢できなくなってから、受診する人が多いようですが、

炎症がすすむと、虫垂が破れておなかに膿がたまってしまい、

腹膜炎をおこす可能性があります。


腹膜炎になると右下腹部に激痛があらわれます。

他にも便秘、下痢、高熱、吐き気、嘔吐、などがあらわれます。

その状態もすぎると、腹腔内に水がたまったりして

腸管の麻痺がおこります。

 

腹部膨満や脱水症状などの腹膜炎の症状がみられてきます。

また、高熱で脈が早まり、血圧も低下して

ショック状態になってしまうこともあります。。。

 

おわかりかと思いますが、ここまでくると生命危険です。

思い当ったら、早めに受診するようにしましょう。


虫垂炎の原因

実のところ原因は、はっきりとしていません(笑)

現在は、

「虫垂に便や粘液などが詰まって、

血行が悪くなり、そこに大腸菌やウイルスが入って炎症をおこす」

とゆう説が有力になっています。

他にも 暴飲暴食が原因になってしまったり、

生まれつきの虫垂の形状による場合もあるようです。

 

虫垂炎は様々な原因が考えられますし、

いつ起きるのか、予測が非常に難しい病気といえます。

先ほどもお話しましたが、

思いあたる症状が現れたら、我慢せずに

早めに受診しましょう。

スポンサードリンク


こちらの記事もどうぞ

     

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ

------------------------------------------------------------ ご参考になれば幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。