テストあるある!勉強が苦手な人編~


テストさえなければ、

学校生活があと7.36倍くらい楽しくなるんじゃないかと思うくらい、

テストって嫌な存在ですよね(苦笑)

 

とはいえ、テストがなくなることはありませんからね~。

うまく共存していくしかないんでしょうね。。。(ーー;)

 

。。。

 

はい!というわけでね。

若干暗い感じになってしまいましたが、

テストあるあるのスタートですw

スポンサードリンク


テスト勉強がなかなか始まらない

ま、正確には「始められない」ってとこですけどねw

 

『今日からテスト勉強はじめよう!!』

と心に決めてみても、ついつい携帯をいじったり、

ゲームをはじめちゃったりして、

『やっぱり明日からにしよ~』ってなるんですよねw

 

次の日は次の日で、

プリントなんかを探しているうちに、

部屋の大掃除がはじまったりなんかしてね(笑)

 

しかも、掃除の途中で漫画を読んじゃったりするんで

なかなか進まないんですよ(^_^;)

もちろんその日も勉強できるわけなく

『まぁ明日からでいいよね』なんて感じになるんですよね~。

 

で、結局、そんなことを繰り返して、

明日から、明日から、明日から、あs。。。

って感じのダラダラ、グダグダの展開が続くんですよね~。

最悪テスト直前まで何も勉強しないってこともありますからね(ーー;)

 

さすがに途中で『しなきゃマズイ!!!』

と自分を奮い立たせ、机に向かう時もあるんですが。。。

10分ももたないんですよね(笑)

なんなら、ワーク数問で飽きちゃいます。

 

英語の単語がわからなくて、調べたりすると

最初の一問でやる気の80%を削られたりすることもあります(苦笑)

もうこうなってくると、すぐに近くの携帯をいじりはじめて、

その日の勉強時間は10分で終了しちゃうんですよ。

 

ほんと、愚かですよね。。。

それで毎回後悔しているはずなのに。。。

もっと意志の強い人間になりたいものです(^_^;)

 

スポンサードリンク

 

勉強してこないと謎の余裕が出てくる

そうなんです!

漫画を読んだり、ゲームしたり、部屋の大掃除なんかしたりして、

全く勉強をしてこないと、

『わからないところが、わからない』ので、

逆になんとかなるんじゃないかと、変な余裕が出てくるんですよ!

 

まぁ。。。そんな根拠のない余裕は

テスト開始と同時にもろくも崩れ去るんですけどね(笑)

 

なんなら粉々に崩れ去ったあとに、

不安と焦りに飲み込まれていきますからね。

テスト開始5分で、余裕なんて痕跡すらなくなっていますw

 

もう問題がわからなすぎて、変な汗とか出てきますもん。

精神状態が完全に不安定なんで、

いつも書いてるあたり前の漢字をど忘れしちゃって、

急に書けなくなってしまう場合すらあります。

 

ちなみに私の場合『紙』という字が

書けなくなってしまった時があるのですが、

またこれが、さらなる焦りを生んだりするんですよね~。

『えッ!!?俺、紙も書けないの!!?ど、どうした俺!!?(@_@;)』

みたいな感じで自分の異常状態を痛感しますからね。

 

脈はさらに速くなるし、変な汗の量も増えるしで、

もう問題とまともに向きあう状況じゃなくなってしまいます。

 

まぁ、なんだかんだいっても

自業自得なだけなんですけどね(-_-;)

『後悔先に立たず』とは良くいったもんです。

98760

 

監督の先生と目が合って気まずい

でね、そんな感じで問題が全然わかんないもんだから、

テスト用紙を見ている時間が人より少ないんですよね!

 

『ん~~わかんないなー』

なんて顔をあげてみたりするんですが、その瞬間、

だいたい先生と目が合います(笑)

もうガッチリ合います。

狙ったかのように合います。

 

そしてすぐさま目をそらします(笑)

 

べつに何をしたってわけじゃありませんが、

いらぬ誤解を招くのは避けたいですからね。

とりあえず

『べ、べつに見ていませんよ~』

なんて空気だけつくっておきますね(^_^;)

 

で、そんな時だけ目が合うのに

消しゴムを落として手を上げた時に限って

全然気づいてもらえないんですよね~(笑)

全く気付いてもらえないもんだから、仕方なく自分で拾うこともしばしば。

 

。。。

まぁ、だから何だって話ですけどね。。。

 

どうせほとんどの問題がわかんないですもん(ーー;)

悲しいことに時間だけは人より余裕があります(苦笑)

 

記号問題で同じ答えが続くと不安になる

Mark_sheets

どんなに勉強をしていなくても、

どんなに焦っていようとも、

どんなに変な汗をかいていようとも、

とりあえず、解答できるのが記号問題(選択問題)ですよね!

 

まぁ正解、不正解はわかりませんが、

とにもかくにも空欄だけは避けられます!

 

で、わからないながらも、一応問題を読んで、

『たぶんこれだろ~』

と記号を選んでみるのですが。。。

同じ記号が何度も続くと、答えに自信がなくなってくるんですよね~

 

まぁ2回連続くらまでなら、そんな風に思いませんが、

3、4回同じ記号が続くと、かなり疑ってしまいます(^_^;)

ほぼ、『どこかが間違ってるんだろうな~』なんて思いますね。

 

それで、『じゃあここはこっちだな!』なんて思って、

回答を変えてみるのですが、

だいたい、前の解答が正解だったりするんですよ(ーー;)

ほんと、うまくいかないもんです(>_<)

 

わからなすぎて、20分くらいで終わる

c586312e

と、したくなる衝動はなんとか抑えてもらって、

本題へいきたいと思います(笑)

 

テストが全くわからないと最速で「記号問題だけ解答して10分くらいで終わる」

なんて場合もあるかと思いますが、

たいていは20分くらいじゃないでしょうか?

一応全ての問題を読んで、記号問題以外も答えてみようと、

ささやかな抵抗をしてみようと思うはずですからね!

 

ただ。。。

ほんとうにささやかな抵抗なんですよね~(^_^;)

と、いうかほぼ「無駄」な抵抗です。

とりあえずの自分なりに考えぬいた解答をしてみますが、

ほとんど不正解ですからね(T_T)

 

テストという巨大な『恐竜』にとって

テスト勉強をしてこなかった人間など、もはや『蟻(アリ)』と等しく。。。

ただただなすすべもなく、踏みつぶされるだけです。

 

。。。

 

え?聞き覚えのある例えだって?

 

。。。

え~っと、その通りですw

 

ドラゴンボール本編で、フリーザ様があまりにも

ごもっともな話をされていたので、

おもいっきり参考にさせて頂きました(笑)

(わからない人は、ドラゴンボールのナメック星編を読んでみてねw)

フリーザ様、どうもありがとうm(__)m

 

というわけでね。

宇宙の帝王にもちゃんとお礼も済んだところで、

次にいきたいと思いますw

 

テストが終わった時の圧倒的達成感

恐竜に踏みつぶされようが、

戦闘力53万になすすべなく、砕け散ろうが、

名前を書き忘れて0点にされようが(え?)

なぜか圧倒的達成感!解放感!

 

テストに戦い挑む前は、

『なんとかなるでしょ!』と余裕を出していますが、

いざはじまると、相手の圧倒的戦闘力の前に恐れおののき、

途中からはフリーザ様と闘った時のベジータのように

戦意喪失。。。

 

もうケチョンケチョンにされるわけですが。。。

それでもチャイムと同時に湧き上がってくる解放感!!

何も達成できていないのに、

なんか大義を成し遂げたかのような達成感!!

istock_000003635594xsmallaccomplish

あれは気持ちいいですよね~♪

『今日からゲームが思いっきりできる~(^^)』

みたいなねw

 

ん~~、まぁ

よくよく考えると、テスト期間中も十分ゲームはしていたんですけどね(笑)

だからこんな空欄だらけのテストが目の前にあるわけなんですけどねw

 

もう少し頑張っていれば、ピッコロのように

フリーザ様相手でも少しは健闘できたんでしょうが、

どうせ基本スペックはヤムチャほどしかありませんからね(苦笑)

 

『まぁ勉強しなきゃこんなもんだよ』って自分に言い聞かせ、

つかの間の、解放感と達成感に浸りますw

 

そして週明けのテスト返却ともに

現実に戻らされるんですよね。。。

 

あ、俺ヤムチャじゃなくて、チャオズだった。。。って(涙)

 

おわりに

まぁ何が言いたいかって、

自分がチャオズと実感したくなかったら、

とりあえず勉強をしておいた方がいいってことですよね(笑)

 

自分がチャオズと実感してしまった瞬間に、

いっきに自信がなくなってしまいますからね(ーー;)

せめてクリリンくらいのレベルではありたいものです。

 

そしてたまには、サイヤ人級の点数を取りたいですね!

 

それでは、あなたの頭脳がいつの日か、

スーパーサイヤ人級に覚醒することを願いつつ、

このへんでおひらきにしたいと思います。

最後までありがとうございました(^^)/

スポンサードリンク


こちらの記事もどうぞ

     

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ

------------------------------------------------------------ ご参考になれば幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。