しゃっくりが止まらない!?原因と良い止め方教えます!


ヒック、ヒック、ヒック。。。

あれ、なんかおかしい?

 

ヒック、ヒック。。。

「しゃ、しゃっくりが止まらない(@_@;)!!?」

なんて、経験は誰でもありますよね?

 

と、いうか、今まさに、その状態にある人も

いらっしゃるのでは、ないでしょうか(>_<)?

 

気づけば止まってたりもするのですが、

意識してると、

いつまでも止まってくれないもので、

すごく不快ですよね。。。

 

そんな、不快な思いをしている

あなたのために、

しゃっくりの原因と有効な止め方

お教えします!

スポンサードリンク


さて、それでは本題へ。

まずは、原因から。。。

と、話の流れ的には、いきたいところなのですが。。。

 

きっと、しゃっくりが止まらずに

お困りでしょうから、いきなり

止め方からご紹介してしまいます!!

 

もし、これから紹介する方法で、

効果を感じれたのであれば、

その時は、記事を最後まで読んで頂けるとうれしいです(^^)

ちなみに、今回は効果や簡易性も考慮して、

厳選した3つの方法を、ご紹介したいと思います。

それではまいりましょう!

まず1つ目はこちら!


息を正しく止める

lgf01a201401290300

「息を止める」というのは、よく聞く話ですが、

ただ止めるのではありません。

「正しく」止める必要があるわけです。

 

その具体的な方法は。。。

  1. :息を限界まで吸う!

  2. 限界まで息をとめる!

  3. 限界を感じたらいっきにはき出す!
 

この方法で重要なのが、書いてある通り

「限界まで」という部分です。

 

手抜きしてちょっと吸うくらいじゃ、

効果がありません。

あくまで「限界まで」です。

 

息を止めるのも、同様です。

「限界まで」我慢してください。

もし、この途中でしゃっくりが出てしまったら

最初からやり直しです。

しゃっくりが止まるまで、繰り返してください。

 

多少の「慣れ」も必要かもしれませんが、

慣れるとすんなりできるようになります。

この方法の良いところは、

一切の道具が不要で、

いつでも、どこでもできるといった点ですね。

 

息をとめるのは苦しいかもしれませんが、

特に痛みなどもありませんしね。

慣れさえすれば、お手軽で良い方法です。


スポンサードリンク


さて、お次は医師がすすめる

方法をご紹介します。

それが、こちら!


舌をひっぱる

SFemb

あまり聞かない方法ですよね?

でも、麻酔科医がすすめているちゃんとした方法です。

 

ま、方法は簡単で、

「乾いたガーゼのようなもので、

舌をつかんで、30秒くらいひっぱるだけ」です。

 

本当に簡単ですよね。

本当に簡単なのですが、

成功率はなんと75%もあるといわれています。

 

医師のお墨付きで、なおかつ75%の成功率ですからね。。。

その信頼性と有効性は申し分ありませんね!

 

ただ、ただ、1つ問題点があるんですよ(^_^;)

それは。。。

 

舌をひっぱると痛い(笑)

 

あたりまえといえば、あたりまえですが、

本当にけっこう痛いです(汗)

試してみれば、すぐにわかります。

 

でも、その痛みに耐えることさえできれば、

かなり有効的であることは間違いありません!

 

ちょっと我慢できる方、

僕のようにへたれでない方(笑)は、

こちらの方法をお試しください。

 

では、では、最後にちょっと荒行だけど

効果抜群の方法をご紹介します。

それが、こちら!


鼻から水を飲む

「水を飲む」という話は、けっこう聞くと思いますが、

「鼻から」なんて、あまり聞かないですよね?

 

でも、ですね。。。

これが不思議なことに、効果抜群なんです(笑)

 

「鼻から水を飲む」というが、ちょっと想像しにくいかと

思いましたので、良い動画を見つけてきました。

本当に鼻からコップの水を飲むだけです(笑)



これも少し「慣れ」が必要かもしれませんね。

でも、動画を見て頂いた通り、

効果抜群なんですよ!!

 

コップと水、

それとちょっとした勇気があればできます!

あ、でも高齢者やお子さんには

あまりおすすめできませんね。

嚥下機能がちゃんとしていないといけませんので。

それ以外の方は、お試しください!

効果抜群です!!


そもそもしゃっくりって?原因は?

ここを読んでくださっているということは、

ご紹介した方法で、効果があったってことですね?

お役に立てて、よかったです!

 

ま、そうでない方や、そもそも試していない方も

いらっしゃるかと思いますが、

読んでくださってありがとうございます!

筆者としては、嬉しいかぎりです(^^)

 

さてさて、前置きはこれくらいにして、

さっそく、本題へうつりたいと思います。

 

そもそもしゃっくりとは

「横隔膜の痙攣(けいれん)」のことをいいます。

 

なんか「痙攣」ってきくと、

あまり、いい感じはしませんが、

ご存知の通り、普通であれば大した問題はありません。

ただ不快なだけです(^_^;)

 

なんせ、しゃっくりは

胎児の時から発生しているものですからね!

ちょっと意外ですよね。

 

胎児は羊水の中を漂っているわけですが、

その羊水の中にも、不純物があります。

もちろんその不純物が鼻や喉につまると

それを除去する必要があります。

 

その時に横隔膜が痙攣をおこして、

不純物を吸い込み、同時に声門を閉じて、

不純物が肺にいかないようにするのです。

この一連の動作がしゃっくりに相当すると

考えられています。

 

子供にしゃっくりが多いのは、

胎児の時の反射神経が残っているためとされています。

ちなみに、あの独特の「ヒック」という音は

声門が閉じる時に出る音です。

 

でも、当然のごとく、

子でもない成人もしゃっくりをします

しかも急に出ます。

なぜ急にしゃっくりをするのか。。。?

 

実のところ、その原因やメカニズムというのは

しっかりと解明されていません。。。

 

人間の神経が関与していることは

間違いないようなのですが、

残念ながら詳しいところまでは、研究が進んでいないのです。

 

ちょっとすっきりしない答えですよね(^_^;)

でも、基本的には無害なものですからね!

考えすぎる必要はないかと思います。

 

ただですね、

しゃっくりが長時間続いている時は、

注意が必要です。

 

特に48時間以上続いているしゃっくりを

「難治性しゃっくり」といい、

酷いと、辛くて食事もとれなかったり、

睡眠不足になってしまったりします。

 

そうなった場合は、早めに受診して、

薬を処方してもらって下さい。

今は難治性しゃっくりの90%に効く薬もありますので、

我慢せずに、お医者さんへ行きましょう。

 

それと検査もしっかり受けた方がいいです。

なぜなら、

まれに、脳腫瘍、肺炎、腹部の病気など

重い疾患が原因で、しゃっくりが出続けることがあるからです。

 

しゃっくりが長時間止まらない時は、

勇気を出して、お医者さんに見てもらいましょう!

何事も、早期発見が重要ですからね!

 

それに単なる「難治性しゃっくり」の

可能性だって十分にあります。

薬ですぐに、楽になれるかもしれませんよ(^^)

いずれにせよ、早めの受診を心がけるようにしましょう。

kaunnsera-

おわりに

最後は少し怖い話に、なってしまいましたが、

何度もいうように、ほとんどのしゃっくりは無害です。

あまり心配しすぎる必要はありません。

 

しゃっくりが出るたびに、

「脳腫瘍があったらどうしよう((+_+))」

なんて、考える必要はありませんからね(笑)

ご安心を!

 

それよりも、今後も神出鬼没に発生してくる

しゃっくりです。

人生において、長い付き合いになります。

 

うえで紹介してきた

しゃっくりの止め方を駆使して、

「おっ!本当に一発で止まった!!」などと、

楽しみながら、付き合えたらいいかもしれませんね。

 

それでは、今回はこのへんで。

さいごまで、ありがとうございました(^^)/

スポンサードリンク


こちらの記事もどうぞ

     

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ

------------------------------------------------------------ ご参考になれば幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。