ベーチェット病とは?症状や原因は?その治療法について


ベーチェット病という病気をご存知でしょうか?

EXILEのMATSUさんが発症したことで、

知名度が少しあがったようです。

 

今回はあまり聞きなれない病気の

ベーチェット病についてお話したいと思います。

スポンサードリンク


ベーチェット病とは?症状は?

ベーチェット病の症状はニキビのようなできもの、

口内炎、外陰部の潰瘍(かいよう)(*)、目の炎症などが主になってきます。

再発を繰り返す慢性疾患です。(やっかいですね…)

(*)上皮組織が欠損し、その下層組織に至った状態。

a0002_005051

症状が重症化すると失明

の可能性もある怖い病気です。

年齢は20代~40代の男性に多いです。

あまり知られていはいませんが、日本にも多い病気です。

 

ベーチェット病はいわゆる膠原病類縁疾患(こうげんびょうるいえんしっかん)という扱いになります。

ちなみに膠原病とは…

全身のいくつもの臓器に炎症が起こり、

臓器の機能に障害が、出てくる疾患群の総称です。



 

ベーチェット病の原因

日本では1972年より原因究明の調査、治療方法の開発・研究が

本格的に始まりました。


しかし、いまだに不明点も多く、

その原因ははっきりとは解明できていません。

 

一応、現状では細菌やウィルスである可能性が

最も高いとされているようです。

また、白血球が特定のタイプの人に発症する

ことが多いというのがわかっており、

遺伝的な要因もあるのではないかと考えられています。

 

ちなみにこの「ベーチェット病」という病名ですが

この病気について詳細な報告をした医師の名前

「ベーチェット」からベーチェット病という病名がつけられました。


スポンサードリンク


ベーチェット病の治療法

治療に関しては様々な方法が取られています。

病気の重症度や後遺症を残す可能性などを考慮し、

優先順位をつけたうえで行っていきます。

 

基本的にはバランスのとれた食事、日々のストレスの軽減、

しっかりとした休養をとるようにし、

それと並行して薬物治療を行います。

 

治療の際には全身的に血管の閉塞が起こりやすいので、

抗凝固療法や血管拡張療法を行っていきます。

先ほどお話しました通り、

重症化すると怖い病気です。

心当たりのある方は早めに

医師へ相談することをおススメします。

スポンサードリンク


こちらの記事もどうぞ

     

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ

------------------------------------------------------------ ご参考になれば幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。