太陽フレアと地震の関係とは?人体への影響は?


太陽フレアって知っていますか?

太陽で発生している爆発現象のことですね。

 

で、この太陽フレアによって、

地球には様々な影響が出ることがわかっています。


近年では、頭痛などの人体への影響

また、地震などへの関与も噂されるようになってきましたが。。。

はたして真相はいかに!?

スポンサードリンク


下で、わかりやすく説明していたいと思います。

続きを見てみましょう!

太陽フレアの影響

ま、わかっているとは思いますが、

太陽フレアが直接、地球に降り注ぐわけではありません(笑)

あんなものが直接、地球に降り注いでいたら

地球は灼熱地獄ですからね(汗)

 

では、実際はどうゆう仕組みに

なっているかといいますと。。。

 

太陽からは常に太陽風というものが放たれています。

文字通り、太陽からでている風なのですが、

もちろん普通の風とは違います。

 

電気を帯びている気体で、しかも超速い(毎秒300~800㎞)風です。

大規模な太陽フレアが発生すると、この太陽風の力もまします。

 

で、地球の周りには、「磁気圏」という

一種のバリアみたいなものがあって、

この太陽風が、直接入れないようになっています。

 

磁気圏はとても重要なもので、

磁気圏がなければ、地球上にこれほどまで、

生物が繁栄することは、なかったといわれています。

 

しかし、バリアも鉄壁ではありません。

強力な太陽風がくると、磁気圏は揺さぶられてしまいます。

これを「磁気嵐」といいます。

 

この磁気嵐がおきることによって、

地球では、様々な影響がでてくるわけです。


スポンサードリンク


太陽フレアと地震

christchurch-earthquake-new-zealand-bus_32420_big

これについて調べて見ると、

関係性を否定する意見が多いですね。

 

なぜなら、

単純に磁気嵐によって、

地殻がうける影響がほんどないからです。

うけたとしても、大気圧の1000万分の1程度の力ですからね。

その程度の力では地殻は動きません

 

しかしですね、アメリカの論文で

太陽フレアと地震の関係性を「肯定」するものもあります。

 

ただ、どの論文も太陽フレアの発生時間と

地震の発生時間を比較したら、

「どうやら関係性がありそうだ」程度の話で

「なぜ太陽フレアと地震が関係あるのか?」

までは特定できていないんですよね。。。(^_^;)

 

なので、現段階では

「関係はありそうだけど、

もうちょっと研究が進むのを待ってみましょう」

と、いうのが妥当な答えになってくるかと思います。


太陽フレアと人体、その他への影響

これに関してですね。。。

「関係ありません!!」

と、ほぼ断言できます(笑)

 

理由として、これも単純なのですが

「人体への直接的影響が出るレベルではない」からです。

そして地震とは違って、論文すらも見当たりませんでした(笑)

ま、関連性がないがために、誰も論文を書かないわけです。

 

「病は気から」とは、よく言ったものだと思います。

思い込みで体調を崩さないようにしましょう!

 

ただ、人体に影響はなくても、

人工衛星とか、無線通信に影響がでてきます。

条件が重なったりすると、発電所の送電システムに障害が出て、

停電になることもあったりします。

 

ま、太陽フレアって一言で言ってしまえば、

それまでですが。。。

太陽フレアはもの凄く巨大で、もの凄いエネルギーをもったものですからね!

良い動画があったので、ご紹介しておきます。

地球との比較もあるので、その大きさもよくわかると思います。

(*音声はありません)



 

どうですか?

凄いでしょう?

これだけのものが発生しているわけです。

いくら遥か遠くで起こっていることとはいえ、

上でお話ししたような、障害がおきるのも納得できますよね。


まとめ

どうやら「太陽フレア」と聞いただけで、

ビクビクしてしまっている人もいるようです。

 

もちろん、何事も「絶対に100%」ということはないと思います。

でも、マスコミや一部の情報に踊らせて、

極度の不安を抱えていては損です。

 

たしかに

史上最大規模のような太陽フレアが発生すれば

人体に影響が出ることもあるのかもしれません。

(まず、発生しませんが笑)

そもそも、その発生頻度も5000年単位くらいですからね。

 

それに、起こるにしても、

その前兆として黒点異常が発生します。

そして、その黒点異常は現在おきていません。

とりあえず、太陽フレアで頭を抱えなくても良いみたいですよ。

 

ま、僕個人としては、

「地球といった大船に乗ったつもり」

くらいな気持ちで、いようかと思います(笑)

スポンサードリンク


こちらの記事もどうぞ

     

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ

------------------------------------------------------------ ご参考になれば幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。