集団的自衛権とは?問題点とは何か?


集団的自衛権憲法9条に関する問題が騒がれていますね。

街中でも

「ありがとう、憲法9条」とか

「守ろう、憲法9条」みたいな

ポスターを見たことがある人は、多いのではないのでしょうか?


ちょっと難しい感じがするこの問題ですが、

僕なりにわかりやすくまとめてみました。

スポンサードリンク


集団的自衛権とは

ものすごーーく簡単に言ってしまうと、

「自分の国と友好関係にある国が、攻撃をうけた時に

一緒になって防衛(戦っても)してもいいですよ

ってことですね。

これは、国連憲章(*)に定められていて、

国連加盟国である日本も

この権利を有しています

(*)国際連合の基本事項を規定した条約


憲法9条とは

日本国憲法にある条文の1つですね。

平和主義に基づいて

戦争の放棄、戦力の不保持、交戦権の否認

をすることを宣言しています。

ちなみに自衛隊は「戦力」に当たらない組織となってるそうです。

(ちょっと都合のいい気もしますがw)


スポンサードリンク


問題点

MannaMothersDayPicture_s

ここまで読んでもらえばわかると思いますが、

矛盾してますよね…(汗)

 

ただ、政府の見解としては、

集団的自衛権の権利は持っているけど、

憲法上許されないから、その権利は使用しませんよ。

と、いうことになっています。

 

しかし、

「これではダメだ!憲法を改正しないといけない!」

という意見が出てきて、問題になっているわけです。

 

憲法改正賛成派の意見

集団的自衛権を行使できないということは、

そもそも同盟国を守れないということになります。

 

また、憲法9条が存在することにより、

海外へ武装部隊を派遣することができず、

テロが起きた際などに

テロリストの要求をのむことしか

できなくなってしまう可能性があるわけです。

つまり、そこにいる日本人を守れなくなってしまう恐れがある

ということですね。

 

憲法改正反対の意見

憲法9条がなくなってしまえば、

当然ですが、

戦争に参加しなければいけない可能生がでてきます。

日本の防衛はアメリカがあって、成りたっています。

そのアメリカが参戦すれば、

おのずと日本も参戦することになってしまうでしょう

 

参戦すれば、相手国の規模に関わらず

日本人の死傷者が出てしまうのは

容易に想像がつきますね。


すごく難しい問題ですね。

でも、9条あっての日本の憲法だと

僕は思っています。

個人的には憲法改正に反対です。

あなたはどうですか?

スポンサードリンク


こちらの記事もどうぞ

     

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ

------------------------------------------------------------ ご参考になれば幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。